ブログ

2018.01.21日々のこと

新学期が始まって少しした頃、今季一番の寒波がやってきました。朝の登園時間に「寒い寒い」とお部屋に駆け込む子ども達は「見て~」と手袋の見せあいっこをしたり、「先生、手さわってごらん」と冷たい手を私のほっぺにくっつけたりしてきます。「わ~ほんとにつめた~い」と私が言うと『寒い日は手が冷たくなる』という科学を発見した子ども達はどや顔で胸をはります。このように、大人にとっては当たり前の現象も子ども達は『不思議・発見・学び』として捉えていきます。

私たち大人は子どもに何かを教える時に、『間違えないように』『困らないように』『要領よく最短で覚えられるように』と、言葉で知識を伝えていきます。そして、同じことを間違えたり、聞いたことを忘れていたり、伝えても伝えてもなかなか伝わらないことに対して「前も言ったでしょ」「何回間違えるの」とイライラしたりします。しかし、子どもの学びには「動きながら獲得する」「繰り返し定着させる」というモンテッソーリが発見した法則があります。

子どもが目を輝かせながら何かの報告にきた時は、側にいる大人がほんの少し子どもの心に寄り添いながら子どもが感じた自然の不思議を①一緒に驚いたり、②一緒に考えたり、③一緒に調べたりしながら答えを与えず心の動きに注目するようにします。子どもの疑問をその時に解決させるのではなく、「なんでかな?不思議だね」と答えを先送りにするようにします。すると子どもは今ある自分の知恵を引っ張り出し「だって冬だもん」「風が冷たいから」など自分の思考を巡らせていきます。お友達と「そうだよ、違うよ」とコントのようなやり取りが始まったりします。そんな時、「○○だからでしょ」と答えを伝えてしまうと「なんで?」と子どもは答えの中に含まれている次の疑問を聞いてきます。それに答えると次の「なんで?」が帰ってきて、子どものなんで攻撃は続き、とうとう答えに詰まってしまいます。

子どもたちにとって大切な事は『自分の心に正直に聞く事』『考える事を楽しむこと』と私は思っています。答を与えすぎると答を知りたい子が育ちます。子どもの不思議に寄り添うと考える事を楽しむ子が育ちます。考えることが好きになった子は答を探そうとする子になります。幼児期は子どもの探求心を大切にする時期です。自分で答えを探そうとする子どもになってくれるよう、私は自然の小さな変化に気づき、心が動いている子どもの姿をいつも大切に見守ります。

北風が緩んだある日、公園では今縄跳びがブームです。公園に着くと「先生まわして~」と長縄を跳んだり、前とびを練習する子どもの姿があります。あんまり一生懸命頑張るのでなわとびカードを作りました。ある日、通算200回まで跳んでいた子が「1000回まで飛ぶ」と目標を決めました。縄が引っかかった続きから数えながらですが、何度も何度も跳びます。途中「つかれた~」とベンチに横たえるその子に「明日また続きにする?」と聞くと「嫌だ」と想定通りの答えが返ってきます。縄を回す私の右手も限界に近づいていましたが、その目標を達成することがその子にとって大きな学びになることを知っている私は最後まで付き合うと決めていました。結局45分かけて1000回まで達成することが出来ました。「疲れた~」という表情は笑顔でいっぱいです。

何かを成し遂げるための姿勢は、自分で選んだ目標に対してのみ現れます。モンテッソーリが発見した活動のサイクル『自己選択→繰り返す→集中する→達成感をもって終わる』が公園遊びのこんな一場面にも表れます。

私たちは『どれが集中現象を引き起こす子どもの選択なのか』を見逃さないように日々の子どもの様子を観察します。その選択は大人の思いと違う事がほとんどです。大人の思いが子どもの心を超えないように、子どもの思いに大人が寄り添う事によって更に大きくまた強くなるように、子どもの選択を正しく読み取る心を大切にしたいと思います。

20180115_131541.jpg

 

2017.08.31日々のこと
野菜の収穫

日差しが肌に突き刺さるような暑さになった7月、お庭の夏野菜が子どもの背丈より大きくなって沢山の実をつけました。できた野菜は大きい組さんから順番に収穫して持って帰れます。それを見ている他の子ども達は必ず「僕も取りたい」「私も持って帰る」と言います。ご家庭でこんな時、普通なら「お兄ちゃんなんだから我慢して先に妹に譲ってあげなさい」などの声をかける親御さんも多いと思います。でも、私は決してそのセリフは言いません。笑顔で「お兄さんお姉さんから順番ね!」と答えます。何故なら、子どもはみんな待てるように生まれてくるからです。

異年齢の縦割りで保育をするのがひとつの特色であるモンテッソーリ教育では、保育室の中に対象年齢の違う教具が豊富に並んでいます。3歳児の子の側に5歳6歳の子が使う教材が並んでいます。小さい組さんはお姉さんが作っている機織り機を見て「私も作る」お兄さんたちがしている算数のお仕事を見て「僕もする」と言います。でも、それは3歳の子が出来る教材ではありません。目的が理解できる年齢になるまでそれが出来るだけの思考や手先の巧緻性(こうちせい)が整うまで私たちは待たせます。

野菜の収穫を待たせることも、触りたい教材を待たせることもそこには深い意味があります。待たされている間に①それがその子にとって特別なものに変わっていきます。②自分が出来ない物(事)を使って(行って)いるお兄さんたちに憧れを抱くようになります。③自分の順番が来た時に大切に扱うようになります。

今収穫している大きい組さんも順番を待っていた過去があり「今年は自分たちから持って帰るはずだ」と3年間心待ちにした大事な気持ちがあります。そんな思いをした子ども達が野菜を収穫する時は、どれにしようかとなかなかハサミを入れられず、持って帰る1本(個)を大事に選ぶ姿があります。ハサミを入れる時も他の枝を一緒に切らないように注意を払います。大切な事柄を大切に扱う精神が教えることなく自然に身につきます。

小さい子の興味はそこにトマトがあったら「採りたい」という欲求だけです。だから、撮った後は誰かにあげたり、置いて忘れて帰ったりします。しかし、小さい子でも待ちわびて収穫した野菜は大切に持って帰ってくれます。子どもの周りにある自然の環境も、ほんの少し大人が配慮したり、時期を見極めたりすることで子どもの心が育まれていくのです。

7月の料理実習は『夏野菜のぶっかけそうめん』。自分で育てた野菜たちを、自分たちの手で収穫し、料理し、盛り付け、お友達にふるまい、自分でも食べます。そんなお素麺の味はもちろん「おいしかった~」「おかわり~」の声がいっぱい。試食に用意していた保護者の方の分までお替わりで完食してしまいました。

DSC07407 (2).JPG

DSC069950.JPGのサムネイル画像

2016.11.04日々のこと
11月の保育だより

毎年ですが、秋になると子ども達の集中力が伸びてきます。1学期のあいだコツコツと生活に向き合って自信を積み重ねた年少組は教材をどんどん使い始めています。社会性も伸びてくるので「お友達と一緒にしたい」という気持ちも出てきます。

モンテッソーリのお仕事は一般的に『個活動』というイメージが強いようですが、お友達と楽しめるものも沢山あります。感覚教材はそんな子ども達の気持ちにぴったり。

大好きな『色板』というお仕事は、本来は色の名前を覚えるという教材ですが子ども達が使うとお部屋の中の同じ色探しが始まります。「一緒に探しにいこう」「私は違う色をさがすから」と絨毯の上には見つけた色がどっさり。どっちが沢山見つけられたかで大盛り上がりです。「ぼくもいっしょにしたい」「3人は出来ないから駄目よ」「あとでね」「他の子と約束したからごめんね」など子どもの会話の中に心を育てる要素が沢山あります。

年中組は金ビーズを使った4桁の数の合成「40は10のビーズが4本で40」と位を感じるお仕事を始めました。年長組のブームは折り紙。作り方が分からなくても先生は教えてくれません。どこがどうなっているのか、作り方の本を見ながら自分で考えながら完成させます。毎日用意した折り紙がなくなるほどの勢いです。2歳児のお友達も自分の好きな日常のお仕事を、持ってきては片付けて、また別のお仕事を持ってきて...と教師を必要としない姿はとても頼もしいです。


blog_12.jpg

2016.10.03日々のこと
運動会

今まで午前中だったプログラムを今年から午後2時まで延長して、体操の先生のご指導のもとお弁当持参で1日がかりの運動会をしました。

今年は初めてパラバルーンという大きなテントのような教材を使って表現活動をしました。当日初めて目にしたバルーンに子ども達も興味津々、体操の先生とのお約束は「みんなで力を合わせてバルーン遊びをします。誰か一人でも違う事をしてしまうとみんなが楽しくなくなります。約束を守ってできますか?」というお話に「は~い!」と大きな返事が返ってきます。基本の使い方を教えてもらった後は、『3匹の子ブタ』のお話に合わせてバルーン遊び。バルーンのお家の中にみんなで入ったり、オオカミのぬいぐるみをバルーンの上で転がしてこらしめたり、楽しく展開する流れに時間を忘れて取り組みました。

小学校の代休とも重なって、卒園児さんも参加しての賑やかな1日となりました。

今年は父母の会のお母様が子ども達に手作り金メダルを用意して下さり、子どもの胸には金メダルが光っていました。お母様がたの温かい愛情にいつも感謝するばかりです。


blog_11.jpg

2016.09.13日々のこと
お料理実習日

今月のメニューはホットケーキとポテトサラダ。子どもが学ぶときに大切なポイントは、自分の身体を意識して使う事。「料理活動楽しかったね。」という思い出だけで終わるようなことはしません。自分が今している作業のどこにポイントがあって、自分の身体のどこをどう使えば上手に作ることが出来るのか、注意しなければいけない事柄を意識の中に維持したまま活動が続けられるか・・。などを求めます。

モンテッソーリの教え方はまず見せる事から。「今から先生がホットケーキを1枚焼きます。それを見て分かったら今度は自分で焼くよ。」「この1回でしっかリ覚えてね。あとで分からない、教えては無いからね。」といって見本を見せます。

【1】生地をすくうのはこれくらい。
【2】ホットプレートに流すのはこれくらいの大きさ。
【3】じっと待っていると変わってくるから見て、というと「アッなんか膨らんできた」「風船みたいなの出来てきた」「アッ風船われた、穴空いた。」と待っている時間も楽しい時間です。「ほら、プツプツ穴が開いて膨らんできたね。今が裏返すちょうどいいタイミング。ひっくり返すから見ていてよ。」と言って
【4】フライ返しを生地の下にしっかり入れるよ。
【5】下から手を持ち替えて。
【6】「1.2.3でひっくり返すね。」

と見せると子ども達から大喝采。
「さ、今度はみんなの番、覚えた?出来る?」というと「かんた~ん。」あとは子どもに任せるだけです。声は一切かけません。

料理活動は日常生活の教育分野。大きい学年になるとこんなに沢山の項目も、一連の動作として順序立てて頭に入れて注意しながら進める事が出来る様になります。

大人がポイントを押さえながら子どもに分かるように説明する事が、子どもを大きく伸ばします。一つ一つ指示をするのではなく、3つ以上の指示を同時に出し、一連の動きとして記憶する訓練をしていくのです。


blog_07.jpg

2016.08.26日々のこと
モンテッソーリ学会広島大会にて

第49回全国大会が広島県で開かれ、なんと今年は研究発表に挑戦してきました。

大会のテーマは『子どもと平和』、研究発表の内容は『喧嘩を通して学ぶ心の平和』。発表に関しては選考があったので、選ばれたら奇跡だな・・とダメもとで申し込んだらなんと、発表枠を頂けたとの連絡が入りました。私がさちの子ども達と日々過ごす中で、幼児期に自分の心を相手に伝えて思いを交流させる、伝えあう、思いの違いを認め合うという事の経験の積み重ねが大事であり、それらの経験が子どもの心を育て、子ども自身の平和な心を作っていく過程を見てきました。優しくしなさいと言わなくても、貸してあげなさいと言わなくても、お互いの思いがそれぞれに違うことが理解できた子は、自ら譲る精神や相手に優しく振る舞う態度を見せていきます。そんな日々の子どもたちの姿を、喧嘩を止めるのではなく見守る大切さ、喧嘩の中から学ぶことの大切さを発表してきました。

普段のお勉強会の講演にもましてさすがに緊張しました。(^^)
帰りには宮島の厳島神社の参拝とご褒美に名物のアナゴ飯を食べてきました。


blog_06.jpg

2016.07.15日々のこと
体操の時間がはじまりました

新入園の赤・黄バッチさんは2か月を過ぎ、さちで過ごす時間が堂々としてきました。自分が何をしたら楽しいのか、お仕事の選択も上手にできています。ある日、髪のゴムがほどけた女の子がいたのでブラシで髪をといて結んであげると、私も僕もと年少さんの学年は今、鏡の前で髪をとくのが大流行しています。また、大きい組さんが使っている大きい机にあこがれて、小さな体でヨイショと運ぶ姿もとてもかわいいです。お友達の活動を意識して興味も少しづつ広がってきています。

年中組さんは数のお仕事、図形のお仕事をしています。連続数を意識するセガン板、図形の基本となる幾何立体や構成三角形を楽しそうにしています。

年長組は地球の平面地図のお話を真剣に聞きました。モンテッソーリは何を学ぶにしても全体像から始めます。大きな世界をイメージして、それから小さい世界を紹介すると、子どもたちは大きな世界と関連付けながら覚えていきます。また、お話を聞くだけでなく、それを作品として仕上げます。心で感じ手を動かしながら学んだことは、子どもの心にしっかりとした印象を残していきます。

昨年の運動会でお手伝いいただいた体操の先生が、今年から毎週月曜日来て下さることになりました。優しくてユーモアたっぷりの先生がみんな大好きです。今はマットで転がる、前転をする、跳び箱を使って上に飛び乗る、飛び降りる、いろんなリズムで歩く、柔軟などをして下さっています。


blog_05.jpg

2016.06.22日々のこと
子育て勉強会

テーマ「モンテッソーリ教育で子どもの何が育つの?」
~自立へ向かう子どもの変化・算数教育との関連~

今回も沢山のご参加をありがとうございました。

子育ての大きな役割は子どもをしっかり自立させること。漠然としていてよくわからないですよね。簡単に言うと、子どもを近くで見守っていけるのは家庭の中で見守れる集団に入る前の2歳、3歳ごろまでです。その間に、親が側にいなくても自分のする事くらいは誰にも頼らなくても一人で出来る様にしてあげましょう。という事です。

お菓子を食べたいのに包みを開けられない、おしっこに行きたいのにズボンが一人で脱げないというのは、子どもの自立を大人の準備不足で遅らせていることになります。

子どもがしたい事を自分ひとりの力でするためには、お母さんの工夫が必要だという事です。

食べたいお菓子はタッパーに入れておいて、ふたを開けたら食べられるようになっている。着せる洋服、ズボンは伸縮性のある柔らかい素材の物やゴムウエストで、かたいボタンやフックが付いていない物を選ぶ、などこどもの身に着けるものや持ち物には最新の注意が必要という事です。

自立へ向かう子どもの態度はお母さんが手伝おうとする手を「自分で!」と言いながら払いのけます。自立が出来ていない子は「出来ない~てつだって~。」と、語尾の長い言葉で甘えて頑張ってみようという態度がみられません。自立へ向かう子どもの精神にするためには出来ない、分からないと子どもに言わせないような大人の工夫が必要です。

さて、あなたのお子様はどちらの態度に近いですか?

モンテッソーリ理念を手掛かりに無駄のない伝え方、子どもが自立へ向かう家庭での準備のし方など、勉強会に参加してヒントをいっぱい持って帰ってくださいね。

 

blog_04.jpg

2016.05.19日々のこと
親子遠足~王子動物園にて~

異年齢の縦割り保育なのでみんなで一緒に列になって動物を見て回るのが難しいです。

だから、毎年ミッションを決めて親子でポイントを回るようにしています。今年は『おさるの赤ちゃんが生まれたよ、名前は何?』というクイズ。お昼の集合で、「先生答が分かったよ!」「見つからなかった!」とそれぞれですが、答えを探すことが目的ではなく、地図を見ておさるは園内のどこに行けばいるのか方角を意識する、自分のみたい動物はどこにいるのか?どんな順番で回ろうか?など計画を自分でたてることが目的です。日々の保育で自分に責任を持って生活している子ども達は場所を変えても戸惑う事はありません。「昨年も行った動物園だよね!ぼく、コウモリ見に行くんだ!」「知ってるよ~動物探しに行くんでしょ。」と自分たちなりの計画を持って参加しています。


blog_03.jpg

2016.04.20日々のこと
新学期スタート

新学期がスタートしました。今年は沢山のお友達が入園して保育室もとても賑やかです。

赤バッチ、年少組さんは、入園式に覚えた自分のシールを手掛かりに、カバンを置く所はここ、お歌を唄う場所はここ、帰る時のご用意の場所はここ、お昼ご飯は大好きなお友達と・・という風に自分の空間を覚えながら安心を見出しています。自分のタイミングでどんどん先に進もうとする所がまだ残っていますので「みんなが揃うまでもう少し待っていてあげようね。」と足並みをそろえるところから始めています。4月の月間絵本はシールがいっぱいで、帰る用意が出来たら楽しい絵本の時間が始まります。この時ばかりは「シールまだ~?」と言いながらみんなが揃うのを上手に待っていてくれます。

年中・年長組さんは和室のほうで鯉のぼり製作、母の日のお絵かきを着々と進めています。段取りを伝えると製作を一人で進めていく姿はさすがです。みんなの中で1番に仕上げた年中組さん。年長組はミシンで作る鯉のぼりに目がキラキラ。一人がミシン掛けするとみんなが垣根のように周りを囲みます。布を見つめてまっすぐ縫う姿は真剣そのものでした。

公園へ歩く列の長さも今年は長くなったなと感じます。手をつないで小さい子に足並みを合わせてあげる大きい組さんはさすがです。園内もお散歩でも『安全に配慮して!』を常に心がけていきます。


blog_02.jpg

    © Sachi Childhome All Right Reserved.

    Page Top