ブログ

2018.06.30保育だより
しろつめぐさ

6月の公園にしろつめぐさが咲いていました。私たちが子どもの頃は田んぼのあぜ道などに咲いている草花を摘んで帰ったり、レンゲ畑があったりと自然と関わる環境がいっぱいありました。しかし、現在では花壇の花、公園の植木、地域の方が作って下さった環境です。葉っぱをちぎったり花をつんでしまう子ども達に注意をして止めなくてはいけない時代になってしまったな...と悲しく思う時もあります。子どもの家のお庭には植木や草花も沢山ありますので「お庭の葉っぱはちぎったりままごとに使ってもいいよ」と子どもに伝えています。この葉は採ってもいい、この葉はお料理に使うなど子ども達が意識を向けたり、「キュウリの葉っぱはチクチクするね」と子どもが手で触って感じる機会が沢山あります。また、毛虫を見つけては、「触ったらだめだよ」「この緑のけむしは刺されたらすご~く痛いよ」と学んだり、蝶やテントウムシ、トンボが飛んで来ると大喜びしたりしています。

ある日、子ども達が無心にしろつめぐさを摘んでいます。「お母さんに持って帰る」「摘んだ花をお友達にプレゼント」「みんなで集めてお花の冠を作る」など自然と関わる時間はあっという間です。沢山のお花から綺麗なお花を選んだり、摘んだ茎の長短をどちらが長いか比べます、摘んだ花がどちらが多いか比べます、1輪のお花の大きさが誰のが一番大きいのかなど感覚を自然と使って算数の準備段階もしています。机に向かって勉強したり、数字を目の前に並べて問題を解いたりするよりも、遊びの中には子どもの学びがいっぱいあります。

公園管理をしている方に心の中で「すみません」とお詫びを言いながら優しい風の中でだんごむしを探す子や、お花摘みを楽しむ子や、ごっこ遊びを楽しむ子と楽しいお散歩の1日となりました。

CIMG0341.JPGCIMG0342.JPGCIMG0340.JPG

© Sachi Childhome All Right Reserved.

Page Top