ブログ

2022.04.18保育だより
入園式

トップ.JPG

卒園式が終わり、少し寂しくなったなぁ・・・と思っていたら

あっという間に桜が咲いて

今年度は7人のお友達が入園しました。

全体.JPG

今年は、お父さまもたくさん参加していただくことができました。

マスクの着用・消毒の徹底・ソーシャルディスタンスをとりながらでしたが、

ご両親にお子さまの晴れ姿を見ていただくことができとてもうれしく思いました。

は・とご・す.JPGのサムネイル画像さ・あ・とわ.JPGおう.JPG

お部屋の中が普段と違っていたせいか、少し緊張気味のお友達もいたかも知れませんが、

とても上手にお話を聞いたり、お返事をしたりすることができました。

DSC04886.JPG

お兄さんお姉さんたちも、お祝いの言葉やお歌、折り紙のプレゼントで新しいお友達を

迎えてくれました。

「これから一緒におしごとしたり、みんなで一緒にあそびましょうね。」

みんなで気持ちを込めて伝えることができました。

いぬのおまわりさん.JPG

先生たちからのプレゼントのお話も楽しんでもらえたかな??

 

気持ちも新たに、令和4年度も子どもたちの成長のお手伝いをさせていただけたらと思っております。

入園式のお話にもありましたが、分からないこと、不安なこと、困ったことなどありましたら

お声かけください。

                                                                                                                                          (nakamura

 

2022.02.24日々のこと
おてがみごっこ

立春を過ぎると公園の日差しも柔らかく感じます。走り回って遊ぶ子どもたちは上着を脱ぐ子も増えてきました。この時期になると小さい組さんもじゅうたんやお机に向かって個々にお仕事に向き合う姿があります。疲れた時には周りを見渡す、そしてまた手を動かすという様子も、上手に休息を入れながらペース配分しているように見えます。先生を必要とせず静かに時間が流れる様子は成長を感じる瞬間です。

DSC04188.JPGDSC04131.JPG

大きい組はお手紙作りがはやっています。モンテの言語の教材は、50音がバラバラになったカード、文字スタンプ、絵カードなど沢山ありますが、書くことに興味が出てきた子は鉛筆で字を書くだけでなく、スタンプで押す、カードを並べるなどして、『書く』というお仕事をしていきます。3学期に入ってから子どもが「先生、お手紙かく紙ある?」と聞きに来ました。何にでも自由に使っていい紙が置いてあるのですが、それでは違うという様子なので、「じゃあお手紙の紙を明日までに用意するね」と約束すると、「かわいいのがいい」と言います。「どんなかわいいのがいいの?」と聞くと、「ハートと、お星さまと、ちょうちょ」と言います。「OK!明日用意しておくね」というと「絶対ね」と念を押されました。子どもとのお仕事の約束は絶対忘れてはいけないので、子どもが帰った後、すぐにパソコンでイラストを取り込み紙を用意します。次の日の朝、おはようの挨拶よりも「お手紙の紙は?」と尋ねる子ども、「あるよ」の返事に「やったー書く」と張り切る姿があります。

手紙を書いて、ぬり絵をして、小さくたたんで、ポストに入れます。

DSC04253.JPGDSC04135.JPGDSC04139.JPG

子どもの書く文章はしゃべり言葉のまま書くので楽しい文章になります。長音や促音を飛ばして書いたりするので暗号のようで読み解くのも楽しいですね。自分の気持ちを伝えたい、お友達にお手紙を渡したいという気持ちが大切なので、誤字や脱字もチェックはしません。自分の気持ちを上手に表現できる言葉をまだうまく使えないので、知っている言葉、覚えた言葉を使い、気持ちとは違うニュアンスで文が仕上がってしまう事もあります。鉛筆で書くのがまだ難しい子は50音のスタンプを使ったり、書きたい文字をどう書いたらいいか分からない時には「『しょ』ってどう書くの?『きょ』ってどうかくの?」と聞いてくれる子もいます。小さく折るのが難しい子や、間違えた文字を消しゴムで貸すのが難しい子や、お手紙を書く中での子どもの学びはそれぞれ違うようです。お手紙のお仕事を用意する時に「もらったお友達がうれしくなるようなお手紙を書こうね」とだけ話をしました。

DSC04134.JPG

ぞうの郵便屋さんがポストの上でみんなの手紙を待っています。持ち帰ったお手紙に???の内容があるかもしれませんが、子どもの学びとして温かく見守っていただければと思います。

2022.01.19保育だより
3学期がはじまりました

DSC09288.JPG

さち・子どもの家も2022年がスタートしました。

DSC09183.JPG

「先生!雪が降ってきたよ~!!!!」

と子どもたちがとても嬉しそうに教えてくれたので

「お外に行っていいよ~!!」言うとみんな一目散にお外へ駆け出しました。

写真とるよ~「ハイ・チーズ」で、この笑顔ですが、残念ながら大した雪ではなく

写真には写っていませんでしたが⛄新年のスタート、みんな元気いっぱいです。

本当に寒い日が続きますが、お部屋ではお正月に関連するお仕事が人気です。

DSC09194.JPG

干支の絵合わせ

小さい学年のお友達も「ね~・うし・とら・う~!!」と

あっという間に覚えてしまいます。

大きい学年のお友達は「私はさる年だよ!お父さんは○○年、お母さんは△△年!!先生は??」と質問してくれたりします。

DSC09283.JPG

絵合わせを十分楽しんだら

干支の動物の塗り絵をゴシゴシ、ぬりぬり♪

ハサミで切って、ホッチキスでとめたら

干支の本のできあがり。

「もう1つ作る!」と言って2つ目を作っているお友達もいます。

年中・年長組さんに人気のお仕事は七福神のおしごとです。

DSC09203.JPG

まずは絵カードで、一人ずつどんな神様なのか、お帰りの集まりの時間に

お話を聞きました。

「えびすは、にほんしゅっしんのかみさまです。

(中略)しょうばいはんじょうのかみさまです。」といったお話にみんな興味深々です。

「知ってる~!!えびす、行ったことある~!!」(さすが西宮っこ!)

「しょうばいはんじょうってなに???」

「女の神様もいるんだね~!女の神様が一番好き~」など、思い思いに話をしながら

毎日、2~3人ずつの紹介を聞きました。

年中組のお友達は

DSC09318.JPG

色鉛筆で色を塗って、名前をひらがなスタンプで押して七福神の本を作ります。

今まで、年中さんの七福神のおしごとはなかったのですが

「七福神のおしごとやりたい!!でもたくさん字を書くのはムリ~!!」

という希望にお応えして、すみえ先生が準備してくださいました。

年少さんのいない水曜日には、ほとんど全員がこの七福神のお仕事に夢中になっていました。

そして年長さん・・・

DSC09300.JPG

色塗りを終えたら、

"せつめいぶん"を書きます。

見本をみながら一生懸命。

年長組さんならではのおしごとです。

その他にも

DSC09268.JPG

獅子頭と門松を折り紙で折って、カレンダーを作る人

DSC09278.JPG

折り紙でコマを作る人

DSC09188.JPG

冬眠していた?チョウチョを捕まえて図鑑で調べる人

など、みんなそれぞれ自分のおしごとをして過ごしています。

InkedDSC09190_LI.jpgDSC09285.JPG

ひよこ組のお友達は、大好きな恐竜のお仕事を見つけて大喜びの人、

おしごとの合間に、大好きな先生のおひざに座って

のんびりと時間を過ごす姿などが見られ、とても微笑ましいです。

3学期は次の学年への大切な準備期間です。

2021.11.10保育だより
お料理実習(くま・うさぎ)

DSC08236.JPG

コロナウイルス感染症のためにおやすみしていたお料理実習を久しぶりに行いました。

事前のアンケートで全員一致!でお料理実習再開の希望がありました。

何度もアンケートを往復させ、「不安な点」を保護者の方と共有しつつ細心の注意を払っての実施です。

登園後はいつも通りに朝の準備を終わらせて・・・

DSC08185.JPG

早速、三角巾をつけて用意をします。

「三角お山の下にこうやって手を入れてイチ・ニノ・サンでおでこにつけるよ。」

「後ろで見えないけど、うしろでバツを作ってトンネルを通すよ。」

先生の提示をよく見ながら、声かけに合わせて、上手にできました。

三角巾もマスクもつけて、手も石鹸でキレイに洗って。

DSC08198.JPG

みんなでお話を聞きます。

使う材料はこれだよ。手順はこうするよ。

少々興奮気味に、そして本当にうれしそうにお話を聞く姿が印象的でした。

しっかりとお話を聞いて、もう一度手を消毒した後で

いざ!お料理開始!!

一人分ずつに分けられた材料を自分の机に持っていき、自分のピザを作ります。

DSC08203.JPG

具を細く切るのは難しいけど、ゆっくりゆっくり手を動かします。

DSC08206.JPG

スプーンの裏を使ってソースをぬりぬり・・・端っこまで伸ばして伸ばして。

DSC08214.JPG

具の並べ方にも個性が光ります✨隙間がないようにきれいに置きたい♡


DSC08219.JPG

仕上げにチーズをの乗せて♪♪♪

コロナになる前は、机を向かい合わせにくっつけて、お友達と色々相談しながら作業できました。

でも今回は「前を向いて」「声を出さずに」「教えてもらったことを思い出しながら自分ひとりで」
頑張りました。

 

DSC08211.JPG

いろいろなお約束を守りながらのお料理だったので「みんな、本当に楽しめたかな?」と先生たちは少し心配でしたが、

出来上がったピザを食べているみんなの顔を見て安心しました。

DSC08247.JPGDSC08249.JPG

DSC08246.JPGDSC08244.JPG

DSC08250.JPGDSC08238.JPG

DSC08243.JPGDSC08241.JPG

食べ終わった後には「美味しかった~」「もっと食べたい!!」「またお料理実習したい!!!」

という声がたくさん聞かれました。

2021.07.18保育だより
アゲハ蝶

春に植えた草花の苗が大きく育ち、早速アゲハ蝶のお客様がやってきました。カメムシやコガネムシもとんできます。植物が育つと自然と虫たちが集まります。

IMG_20210701_132332.jpg

雨がよく降り、庭の草木が伸びてきたので延長保育の時間に剪定をしていると「なにしてるの~」と子どもたちが自然と集まります。普通なら危ないから向こうへ行きなさいと声をかけると思うのですが、子どもの興味を知っているので「伸びてきた枝を切ってるのよ」というと「ふ~ん」と言いながら「こっちも伸びてるよ」「ここも切らなくちゃ」と自分たちも枝を切りたくてうずうずしている様子です。子どもの言葉通りに枝を切っていくと地面に枝が山積みになっていきます。「これどうするの?」と落ちた枝を指さす子どもたちに「明日ごみの日だから集めて捨てるよ」というと「ほし~い」と言います。「あそびたい?」と聞くと、みんな目を輝かせて大きくうなずきます。「楽しそうだけど、とっても危ないの、笹の葉が目に入ると目に傷がいって危ないし、手だって簡単に切れちゃうんだよ」というと、「大丈夫、気を付ける」と言います。ここでお約束、「枝を振り回す時、お友達に当たったり目に入ると危ないよね」というと「広いところでする」と言います。子どもたちも自分の興味を実現しようと必死に考えます。「じゃあ、誰もケガしないように、痛いって言わないように遊べる?」と聞くと「遊べる」と言います。「じゃあ約束ね」と言って子どもたちが自由に遊び始めました。私の剪定のお仕事はしばらくお休み、子どもの安全を見守ります。

自分たちの行動に注意の範囲を教えてくれる大人が目の前にいる時、子どもたちは本当に上手に距離をとって遊ぶなと思います。声をかけるだけでなく、しっかり見守るという大人の行為も大切です。禁止するのではなく、安全の注意を見守る大人の視線は子どもにとって羽目を外しすぎない為の心の抑制の手助けをします。夢中で遊んでいると注意がそれます。注意がそれるとケガや事故につながります。だから、注意がそれている時だけ声を掛けます。「ストップ、それは危ないかな...」というと「そうだった」と我に返ります。どこまでがよくて、どこからが危ないか、判断は大人の役割であるといつも思います。

IMG_20210630_095456.jpg

IMG_20210630_095443.jpg

2021.05.12日々のこと
朝の時間

春は緑が綺麗で、いろんな種類の虫が顔を出し始めます。登園後、早くお庭で遊びたい子どもたちは朝の用意を慌てて片付け「いってきまーす」とお庭へ飛び出すように遊びに行きます。いつもなら9時15分には入室して保育を開始するのですが、春は葉っぱをちぎってお料理したり、お庭のダンゴムシを探したりと楽しい事があふれています。定時に入室を促すと、「遊べなかった~~」と泣いてしまう子がいるので少し長めに遊びます。自然と触れ合うと新入の子どもたちも心が安定して笑顔になります。そして友達同士の交流が出来て仲良しになれます。

4月27日、夏野菜の苗を植えました。ポットに入っている苗を「こうやって持つよ、ひっくりかえして、ポットを外して、穴が開いているところに置いたら、土をかけて」という風に一つづつ動き方を伝えます。モンテのお仕事をしている子どもたちは、動き方の見本があれば、何でもとっても上手にできてしまいます。それは、自分の心をコントロールしながら意識して身体を動かすからです。楽しいだけでなく精神力が育つところが素晴らしい教育と言われるゆえんなのだと思います。

DSC04923.JPG

それを見ていた小さい組さんが「わたしもしたい」と声を上げます。「ごめんね、お姉さんになってからね」というと「なんで?」と納得がいかない様子。「みんなおおきくなってからするの」というと「ふ~ん??」となんとなく分かったような分からないような...。「ごめんね」ともう一度謝るとしょうがないといった様子でした。今は少子化で家庭の中の縦社会が作りにくくなっているように感じます。願いが叶いすぎて、辛抱する経験のできる場面が少ないのかなとも思います。でも、縦割り保育では縦社会があります。上の子は下の子にやさしく、下の子は上の子に憧れて...身近なお手本が学びの環境となって子どもの育ちを助けてくれます。自分のできない事をしている上の子を尊敬するようになっていきます。

「おおきくなってからね」という意味が分かるのは自分が大きくなってからです。答えが分かるまでには時間という距離が必要です。はじめは辛抱の時間でも、その距離を楽しみに待てるようになるのもモンテッソーリ教育だからこそです。ただ、辛抱するだけでは子どもも待てません。だから、お手伝いはみんなでします。年長組が植えた野菜の苗に水をあげます。私もしたい!これなら小さなお友達もお手つだいできます。整える環境は、子どもの手のサイズに合うじょうろです。みんなで代わりばんこに苗に水をかけていきます。それが終わったら車や虫取りで遊び始めます。収穫の夏が楽しみです。

InkedIMG_20210427_094923_LI.jpgIMG_20210430_093952 2.jpg

2021.04.13日々のこと
藤棚

公園の桜が散ると次は藤の花が満開です。自然と子どもは藤棚の下に集まります。地面には桜の花のかけらや木の枝が落ちていて、子どもたちは拾うのに夢中です。子どもが上を見上げているので様子を見ていると「ハチだ!」と叫び声、傍へ行くと熊蜂が花の蜜を集めに来ています。「意地悪しなかったらだいじょうぶだよ」と声をかけると安心して遊びの続きを始めます。耳を澄ますと絵本の吹き出しのように本当に『Buun』という音が聞こえるんです!

木の枝を集めている子どもたちは「これどう?」「それはいいね」「そんなところに置いちゃダメ」「それはいらない」などとても一生懸命、自然にコミュニケーションが生まれます。「なあに?」と尋ねると「カブトムシのおうちだよ」と声をそろえて教えてくれたので「素敵ね」と声をかけてその場を離れます。しばらくして「かえりますよ~」と呼んでもカブトムシチームは全然帰る気配を見せません。様子を見に行くと、片付ける片付けないで相談が決まらない様子でした。片付けようと声をかけている子は「どうせ壊されちゃうよ」と言っています。壊したくない子は「それでも壊したくない」と言います。結局、そのまま置いて帰る事になりました。次の日、公園へ行くとなんと...、前日作ったカブトムシのお家はそのままの形で残っていました。子どもたちはびっくり、そして、大喜びでまた、昨日の続きをして遊びました。気持ちを込めて作った作品の思いが、公園に遊びに来ていた他の子ども達へも通じたんだと感動させられる1日になりました。

IMG_20210415_115514.jpgInkedIMG_20210413_115105_LI (2).jpg

IMG_20210413_115204.jpg

2021.02.20日々のこと
節分

まいとし節分が過ぎると日差しに暖かさが加わるように感じるのは私だけでしょうか。今年は2月2日が節分、みんな鬼のお面を作り1日早い豆まきをしました。これくらいの時期になると、卒園や進級が見えてきて子ども達の心の中もドキドキするみたいです。「くまさん(年長組)もうすぐいなくなっちゃうの?」「新しいバッチに変わるよ」など子どもの口からは期待や不安の声が自然と出ています。

今年、算数のお仕事が大好きな年長組さんは金ビーズや切手遊びと、足し算、掛け算、引き算、割り算どんどん進みます。幼児期の算数に早期教育のイメージがあると思いますが、モンテの教材は量物がメインです。頭の中で考える計算ではなく、具体物を使ってゲーム感覚で答えを見つけていきます。2月は節分、豆まきゲームでは的に点数を付けます。窓の鬼は10点、カーテンレールの上の鬼は100点、投げる球は3つ。3つの合計得点を紙に書き、それを4回投げます。4回分の得点を足し算してその日の1等賞を決めるゲームです。こうなると、子どもが狙う的はもちろん100点鬼、位の違う足し算は難しいのですが、ここでも具体物の金ビーズが子どもの思考を助けてくれます。1回目から4回目までのビーズを取って、あとは形の同じビーズを合わせるだけ、繰り上がりも簡単です。

DSC01505 (2).JPG

DSC01447 (2).JPG

DSC01429 (2).JPG

20210203_141402.jpg

モンテッソーリのお仕事は勉強ではありません。数に興味を持っている年長組の敏感期を満たしてくれるお仕事です。当初、数日で片付けようと思っていた環境ですが「今日でこのゲームは片付けるね」と伝えると、子どもたちが「まだやる」「卒園までやる」「だって、すっごくおもしろい」とブーイング、小さい組さんが「おにこわい~」と目を伏せてしまうので、ゲームをしない時はカーテンで隠して、ゲームをするときはカーテンを開けてという具合ですすめました。2月の楽しいお仕事の一つになりました。

2021.01.20日々のこと
しりとりお絵かき

降園前の帰り支度、寒くなると上着一つ増えるだけで帰り支度が難しくなります。持ってきた上着を忘れてしまうと荷物を下ろして服を着なければいけないし、上着がもこもこするとかばんや水筒がかけにくいし、持ってきた上着を着たくないときはたたんで絵本袋に入れないといけないし、上着を着る時もハンガーから外す、ハンガーを元の場所に戻す、手を入れるのはどっちの袖だったかな?、ファスナーを上げたいのにかみ合わせが上手くいかないし、ファスナーを上げている途中で咬んだり、襟が中に入って気持ち悪かったり......まだまだいっぱいありますよね。こんな時、優しいお母さんは無意識に子どものサポートをして助けてしまいます。でも、それは子どもにとって学びを奪われた瞬間です。

子どもの為にするべきことは助ける事ではなく、動き方を教える事です。「ここを持つとひっぱれるよ」「服はこっちが上で右手から入れたいならこっちの袖に入れてごらん」と声をかけ、「見ててね」とゆっくり動いて見せます。正しく見せれば子どもは1回でその動きを獲得します。難しいのは服を着る行為ではなく、どうしたら上手に着られるかという動き方を知る事、そして自分で練習できるだけのたっぷりとした時間があるかという事です。

さちでは、帰り支度に個人差があるのは承知の上、早い子には特典がつきます。上着を持ってくる子が増えたころから「しりとりお絵かき」を静かに始めます。お友達か書いた絵を見て笑い合ったり、じぶんの考えた言葉の絵を「どうやって描いたらいいかわからない~」と悩んだり、苦労する姿もかわいいです。私は子どもの描く絵はどんな線もみんなかわいいと思っていますが、子ども自身はこだわりがあるみたいで、最初は一つの紙にみんなが代わりばんこに一つづつ絵を描きしりとりをつなげていきました。

InkedDSC01144_LI000.jpg

InkedDSC01145_LI000.jpg

はじめは数人しか参加できませんが何か楽しそうなことをしているぞと子どもが気づくと自分もやりたくて急いで帰り支度を始めます。上着も肩が片方外れてヨレヨレの身なりで「僕もする」と来るので、私は「お洋服が綺麗に着られたらね」と、ひとこと言うだけです。いつもは「できなーい、やってー」という子も必死で身なりを整えます。「子どもにちゃんと着なさい」と求めなくても、自分の課題に自発的に向き合う姿勢は言葉がけ一つで作る事が出来ます。

DSC00804.JPG

DSC01148.JPG

子どもの発想力とお絵かきの線はいつもかわいいと思います。大人は絶対に描けない線です。はじめは数人で始めたしりとりお絵かきも今では一人ずつの紙があり、どんどんつなげていきます。「何の絵にしようかな?」言葉を考えるのに時間をたっぷり使いたい子、描いている絵にこだわりたい子、「長くなるまでお絵かきするぞ」「お友達よりも一番長くするんだ」「お部屋の壁を一周するまでつなげるぞ」目標は子どもによってそれぞれです。しりとりお絵かきは現在も継続中ですがかわいい作品がいっぱいです。

2021.01.05保育だより
冬のお仕事

あけましておめでとうございます。コロナ禍で自粛の年末年始でしたがその分穏やかなお正月であったと感じます。今もなお危険な現場で命を守るために奮闘してくださっている医療関係者の皆様に敬意を忘れずに、新年からも安全に保育を進めていきたいと思います。

12月電車の見える公園でいつものようにクリスマスの飾りが並び始めました。木の実を集めたり鬼ごっこしたり集団遊びも増えてくる時期です。お仕事も集中が深くなり、年少組はお兄さんのお仕事をかぶり付きでじっと見る姿が増えてきます。そこで、「やってみる?」と声をかけると首を横に振ったり、縦に振ったり性格によりますが、迷っている子には「できると思うよ」と背中を押します。まだかなと思う子の方が「やりたい」と意欲を見せるのはいつも面白いなと感じますが、「まだちょっと難しいかな、じゃあこっちから練習しようか」というと「はい」という素直な返事が返ってくるのも心が成長したなと感じる場面です。新しいお仕事に取り組む時は「難しかった」と思わないように細心の注意をはらいます。それを子どもも知ってくれているので「先生が言うならそれしてあげてもいいよ」と上から目線で答えるところもかわいい場面です。秋に用意いただいた目隠しのお仕事や手触りの良い毛糸のお仕事もみんな大好きです。

20201119_120205.jpgのサムネイル画像DSC00994.JPG

DSC00857.JPGDSC00846.JPG

大きい組さんはクリスマスのお絵かきやおり機、算数の足し算とバリエーション一杯の中で縄跳びが大ブーム、はじめ10回跳ぶのがやっとだった子も2,3週間の間に20,30,100と跳べるようになります。「いっぱい跳べるようになりたい」という気持ちに「お友達よりも多く」という競争心が重なった時の子どものパワーはすごいです!縄が引っ掛かっても「まだ」、続けて飛んでひっかかっても「まだ」、もう立てなくなるくらいまで飛び続けます。それでも次の列に並んで......モンテッソーリ教育をする幼児期は「運動の敏感期」、縄跳びも立派な大切なお仕事の一つです。終業式前は一人が100回以上跳ぶ子もいるので先生の右腕はいささか筋肉痛(笑)ではありましたが、「今日も縄跳びする」という子どもたちへの返事は「OK!」しかないと思います。

DSC01011.JPGDSC01007.JPG

DSC00995.JPG

© Sachi Childhome All Right Reserved.

Page Top