ブログ

2020.03.30
卒園式

日本全体が自粛ムードの中、私たちにできる事は真摯に対応する事です。皆様のご理解とご協力でささやかな卒園式が開催出来ました。今年の卒園生は6名、みんな卒園式が出来るかどうかすら不安だった事と思います。毎年卒園記念の製作でバケツを作るのですが保育としては水彩画の集大成と言いますか、小学校で絵の具を使うときに困らないように卒園までに絵の具の基本を伝えていきます。その最後の絵の具のお絵かきとして「これはみんなの宝物入れです、一番好きなものを描いてね」と伝えます。恒例の卒園製作なのでみんなもうんうんと頷きます。「今日書いてもいいし、また今度でもいいし、2月のカレンダーが終わるまでに仕上げてね」と声を掛けます。これを仕上げると卒園か...と思う子どもが直ぐに描き始めない事を知っているので「何を描くか決まったら教えてね」と声を掛けるだけにします。そんな風に卒園までに仕上げるものがいくつかあるのですが、今年3月小学校が休校になるニュースが流れた時は奇跡的に全ての製作が終わっていました。卒園式当日並ぶバケツは子どもの個性と楽しい絵が並びます。歴史に残るであろう出来事があった今年の卒園式で、私たちは歴史と共に生きている事を実感する年になったと思います。残念な思いばかりではなくそれは子どもの心を確かに育てるとても貴重な体験であると私自身は感じています。

shixyoushixyo.png

卒園式が終わってからのほんの数日の間に、年長児が植えたチューリップがあっという間に背を伸ばし、つぼみを膨らませ、花開きました。在園児の登園日がまだ残っているので、兄弟の送り迎えに一緒に来ている卒園児が気付きます。「あ~花が咲いてるよ、僕の方が先に植えたのに、後から植えた○○君の方が先に咲いてる、ずる~い」と言っています。「ここは日当たりがいいからね」と言うと「そっか~」と納得。今つぼみの花も丁度入園式頃に咲いてくれると思います。自然はそこにあるだけで子どもに沢山の事を教えてくれます。

20200330_132943.jpg20200330_チューリップの.jpg

2020.03.10
ハプニングは学び

2月の中旬少し遠くで子どもが何やら相談をしている姿があります。「先生大変!来て!」とその子ども達が呼ぶので側へ行くと木の枝にボールが引っかかり取れなくなっていました。自分たちなりにいろいろ試そうとしていた様子ですがどうしても取れずに困ったようです。子どものハプニングを学びに変えるにはすぐに解決せずに考えさせた方が意味があります。「どうして引っかかったの?」と聞くと「○○君がダメって言うのにボールを高く蹴り上げちゃうんだ」「○○君は?」と聞くと「あっち」とみんな一斉に遠くを指さします。悪かったなと思っているようで遠くからこちらの様子を伺っています。「呼んできてくれるかな」とみんなが揃ったところで一緒に考えます。「う~ん、これは確かに難しそうね、届かないし...何かで下から押せば落ちるかも」というと棒を探したりしますが、いい長さの棒がありません。「下からボールをぶつける方法もあるね」というと「知ってる、あるよ」と公園に備えてある小さなスポンジボールを持ってきてぶつけます。「これじゃあ柔らかすぎるかも」と声を掛け「いいものがあるよ」とお散歩バッグの中のクッションボールを取りに行きます。「これ、下からうまくぶつけられるかな?」と言うと一人の子が「僕出来る」と狙いを定めます。かなり枝が入り組んでいたので1回では無理かなと思っていましたが、なんと命中。みんなから「すご~い」と称賛。ボールが引っかかったハプニングも忘れて凄い凄いとかわいい武勇伝の1場面になりました。

子どもの学びはここからです。前に学んだことが生かされていくかどうかです。

別の日、今度は砂場の上のネットにボールがあがってしまいました。子どもの身長から考えると相当の高さです。すると、年長の男の子が僕の出番と「任せて」とこの間のクッションボールを取りに行き狙いを定めます。何度も投げますがなかなか命中しません。目的に集中している子は何度失敗しても成功する迄ねをあげない所もモンテッソーリで育っている特徴かもしれません。はじめは砂場で遊んでいた小さい組さんも応援しようと上を見上げていましたが、なかなか取れないので自分の遊びに順次戻っていく姿も面白いです。年長の他の子が「僕にも貸してよ」と言う中、絶対僕が取ると気持ちが入ります。そして何回目だったか、「あたった」とみんな、でも動いただけで取れません、「力が足りないんだ、よ~し今度こそ」と狙いを定めて......見事拍手喝采。

子どもの学びはハプニングからと本当に思います。誰かに助けてもらったり褒めてもらう事ではなく、自分の力でその場面を乗り越えていく事に喜びを感じていきます。こんな場面を目にすると、子どもは答えを知りたいのではなく、その方法を知る事で育っていくのだといつも本当に思います。

20200213狙いを定めて.jpg
20200213 取れるよ!.jpg

 

2020.02.27
春の訪れ

本格的な寒さが来たのは節分が明けてからでした。いつもは「暑いから上着いらない」と公園に行く子ども達も2月6日の防災訓練で上着なしで外に避難した時はさすがに「さむ」と身を縮めていました。私も一言「これがほんとの寒いだね」というとみんなもウンウンと頷きます。避難訓練ですから教訓を一つ子どもに伝えます。「お庭に上手に逃げられました、ここまではいつもと一緒、今日は寒いから何か欲しくない?」と聞くと年長組から一斉に「うわぎ~」と声がそろいます。「じゃあ避難訓練のときどうする?上着を着てる間にまた地震が来たら?」と言うと「う~ん」と考え込みます。「ハンガーにかかっているまま持って出るよ」というと「へ~」と目を丸くします。「まずは安全なお外に出ましょう、それからここで洋服を着るよ」というと、いつもと違う生活の流れに笑いが出ます。「ここ笑う所じゃなくてねとっても大切なところなの、小さい組さんの洋服は先生が持っていきます、年長組さん年中組さんは自分の洋服持って出れるかな?」と言うと「出来る」と言います。「難しかったら先生がするね、じゃあ後でもう一回だけ避難訓練をします。冬の寒い日に洋服を持っていく練習ね!」というと真剣な顔で頷きます。約30分後に行った2回目の避難訓練、洋服を持っていく事に戸惑った子も2,3人いましたが他のみんなは凛々しくきびきびと動けていました。

子ども達は自分の知らない事を教えてもらうとき、それが自分の生活に必要と感じた時はとても真剣に話を聞いてくれます。そして、覚えて行動する事に誇りを持ちます。いざというときにしっかり動ける子ども達の姿は年度の終わりをきちんと感じさせてくれる姿でした。指定避難所の管理の方にも、「いつも上手に訓練できとるな、立派立派」と褒めていただきました。

そんな2月のはじめの朝、子ども達がお庭に春の訪れを見つけました。10月に年長である自分たちが土に埋めた球根が目を出していたのです。秋に球根を植える時は「いつ咲くの?プールの時?」と夏野菜の苗を植えた時のことを思い出していましたが「夏は終わったね、これはみんなが1年生になる時咲くよ」と言うと「へ~じゃあまだまだだ」といつの間にか忘れていた球根でした。「あっ僕のが大きくなってる」「K君のが一番おおきいね」「ぼく○色と○色のきゅうこんだった」とみんなの記憶が戻ります。嬉しいような...寂しいような...いえ、嬉しい事ですね!!残りの1ヶ月、沢山あそんでお仕事して卒園しようね。

チューリップ020129.jpgボケの花20200219.jpg

2020.01.20保育だより
ふゆ

今年の冬は季節の歌に迷うほど穏やかな気候です。恒例の「こんこんくしゃん」や「ゆきやこんこ」などの季節の歌をいつ歌おうかと迷うほどです。外遊びの公園では昨年のラグビーブームの影響でいつもはサッカーボールに使うボールでラグビーが始まります。こんな時の子ども達の会話の中からは「お父さんはラグビー詳しいんだよ、ほんとはサッカーが得意なんだけどね」などのお父さん自慢が始まります。そんな話をしている子どもの目はいつもキラキラでお父さんが大好きなんだな、と微笑ましくなります。

小さい組さんはというと年末に買ってもらったパカポコ遊びが続いています。少し慣れてくると危ない事にも挑戦したいのかパカポコで階段の上り下りをします。転ぶと怪我に繋がるので初めは「大きい組(年中)さんだけね」と制限していましたが、そんな制限を聞き入れる子ども達ではありません。後ろを向いている間に階段の上り下りをするので、「わかった、してもいいから先生の見ている前でしてね」と転んでも受け止められるように体勢を整えます。しかし、私の心配を裏切る様に誰もこけたりしません。転ぶのはかえって平坦な地面の方です。良く遊んでいる子ども達は自分の身体のことをよく知っていますし、緊張を伴う場合の身のこなしも心得ている様子で、出来るか出来ないかちゃんと自分で分かっているのですね。子どもを信頼して活動を任せるには日常を過ごす中での一人一人の動き方を知っている事とできる事を把握して見守る勇気も必要です。

「これは歩きやすい」「こっちは難しい」とあまりの人気なので、お部屋の中でも朝のお歌の前に遊べるようにしました。不安定さを楽しめるのも子どもの敏感期のひとつですね。

20191205_114544.jpg20191205_114959.jpg

2019.12.28保育だより
伝承遊び

11月末に宝塚の公園まで足を延ばして園外保育に行きました。年末に近いので凧の親子製作をお母さんが企画して下さり、その後公園で「凧あげ」をしました。少し前に父母の会からパカポコのプレゼントを頂いたので、それももって戸外でいっぱい遊ぼうと計画していました。

当日は少し寒かったのですが、凧あげには良い風でした。小さい学年は凧あげはすこし難しいかな?と思っていましたので持って行った「パカポコ」でも遊んでいいよと声を掛け、それぞれ自由に遊び始めました。お兄さんたちでもなかなか空高くあげる事が難しそうで初めは走りながら上げているという感じでした。が、しばらくすると一人のお母さんがとっても上手に空高く凧を上げています。「○○くんのお母さん凄いね~~」とみんなの視線が集まり始めたら、知恵を教え合いながら少しずつみんなの凧が上がっていきます。こうなると、子どもよりお母さんの方が一生懸命になってきます。

私たち大人は子どもに何か教えようとするとき、言葉や教授することで伝えようとします。しかし、幼児期の子どもたちは見て覚えます。お母さんが一生懸命取り組んでいる姿から技術や楽しさや葛藤という心も学んでいきます。食後にリベンジと凧を上げに行くお母さんがいて、しばらくすると親切なおじいさんから凧あげを伝授してもらう姿もありました。子どもを通して一期一会の出会いの方の優しさに触れる場面もあり、日本のすばらしさを実感します。最近は伝承遊びをする子どもの姿が減りましたが子どもとお母さんの遊びをつなげる1場面となる素敵な1日が過ごせました。

20191126_130140.jpg20191126_112428.jpg

2019.11.08
秋の贈り物

11月に入り朝夕寒くなってきました。朝の気温に合わせて身支度すると日中は暑くて子どもが動けなくなります。洋服の調節が難しい季節ですね。先生は子どもよりも薄着です。年長さんたちは先生と競う様に「半袖で来たよ」と寒くないアピールをします。「先生と一緒だね」というとうれしそう。私も朝の間だけ半そでにベストを着ます。でも、子ども達は真夏のような半そで姿です。「ベスト持ってるかな?」というと「あるよ!」と言います。「じゃあ先生みたいに着とこうね」というと「はーい」と元気に答えます。別の子は同じ問いに「持ってなーい」と言います。「寒くないの?」の問いかけに「ぜんぜーん」と言います。お母さまに尋ねると、「着ていかないって言ったので...」とおっしゃるので、「こちらで調節しますのでお着換え袋に入れておくか、カバンに入れておいてくださいね」とお願いします。この辺が難しい所です。子どもの意思を尊重しすぎると本当に風邪をひいてしまいます。でも、無理強いもいけません。子どもの顔色、唇の色、その日の動き方、時間ごとの様子の変化、細やかに観察します。そして、そろそろかなと思う所で「先生のベスト貸してあげようか?」というと「着る」と言ってくれます。

大人の思いはありますが、子どもの気持ちと対話しながら進めていかなければいけません。ほんの少しいつもよりもその子に目を向けて、注意を向けている様子は子どももちゃんと気付いてくれています。自分の気持ちも尊重してもらい、先生の気持ちも分かったうえで「着る」という選択を自分で決めました。そのまま公園へ行くとぽかぽか暖かい日差しです。「ベストもういい」と返しに来た子どもに「どういたしまして」と応答します。何となく二人とも笑顔になります。そんなやりとりの中で、自分自身で衣服の調節を意識する気持ちが育まれていくのだと思います。

そんな公園での一コマ、子どもの背丈の生け垣に木の実が色づき始めています。手を使いたい子ども達には素敵な秋のプレゼントです。一粒一粒摘んで小さな手にいっぱい集めた実を見せに来てくれます。「いいもの見つけたね、袋に入れて持って帰る?」というと「袋いるー」と手を伸ばします。ポケットに入れておいたビニールを差し出すと、私も僕もと小さな手がいっぱい伸びてきました。その後は、みんなで気の実集めです。少しひろって満足の子、摘んでも摘んでもまだまだ摘み足りない子と性格は色々でしたが、いつも行く公園の小さな自然の変化にも敏感に反応していく子どもを見て、子どもは自然と共にたくさんのことを学んでいくのだなと改めて感じる1日でした。

木のみ積み.jpg木の実摘み5.jpg木の実摘み4.jpg

2019.10.08
運動会

運動会がありました。

例年通り、基本的なルール

「よ~いどん!で走るよ」

「ゴールテープで止まらずに走り抜けるよ」など

のみの練習です。

DSC03733.JPG

ちからいっぱい走ったり・・・

DSC03763.JPG

狙いを定めて投げたり・・・

DSC03823.pngのサムネイル画像

パン食い競争もしました☆彡☆彡

年長組のみんなは手を使わずに上手に取れ(食べられ?)ました。

 

DSC03849.JPG

みんなで気持ちを合わせてパラバルーンも。

こちらも練習なしなのに、体操のこず先生のお話をよ~く聞いて楽しみました。

そして、恒例のお父さんとの綱引き!!

DSC03882.JPGのサムネイル画像

頭を後ろに!!

全身を使って、足をしっかり踏ん張って!!!

「オーエス!「オーエス!!!」

結果は・・・

なんと・・・

子どもたちの勝利☆彡

 

 そして運動会の翌日のことです。

朝の集まりの時間に「昨日は楽しかったね~。」と

余韻に浸っている子どもたち。

ある男の子が

「意外と綱引きって子どもたちのほうが,大人より強いんだよね~」

と一言。

先生たちは内心「!!!」って思いましたが、

本当に純粋でかわいい一言にほっこりしました。

(賛否両論あると思いますが・・・。)

DSC03912.JPG

年長さんのリレーは体操の先生にバトンパスを教えていただいたり、

走る順番を自分たちで工夫したりと「勝ちたい!!」という気持ちが

よくわかるメンバーでした。

縦割りのチームもいろんな良さがありますが、

年長さんのみのチームの団結の強さは「さすが!」のひとことです。

今年も大きなけがもなく、本当に笑顔いっぱいの楽しい運動会でした。

素敵なおみやげやメダルを用意してくださったり、

いろいろご協力してくださった保護者のみなさま、

本当にありがとうございました。

2019.07.31
7月保育だより

セミの鳴き声が朝を知らせる真夏日が毎日続いています。今年の7月上旬は梅雨空で天候に恵まれす、プールのできる日数が例年に比べて少なかったように思います。それでも朝の登園時でお庭にプールの用意のある日は子どもの表情が一気に晴れやかになります。終業日も終わり現在は夏季保育中ですが、たっぷりの水で水遊びを毎日楽しんでいます。

梅雨の間は雨の合間をぬってお庭でシャボン玉をします。少し湿度が高い方が割れずに上手に作れるので年少組さんもできたと大喜び。息を吹き入れるのも自分の意思をコントロールしなければいけません。「全然できない!」と初めは怒り出す小さい組さんに、「優しくゆっくり吹いてごらん」と声をかけ、壊れては「もっと優しく」壊れては「もっと優しく」と繰り返すと「できた~」と笑顔がこぼれます。日常生活の練習も、モンテのお仕事も、シャボン玉遊びも、自分の身体を意識して使います。自分の好きなように使うのではなく、何かに気をつけながら注意を向けて動きます。何かに意識を向けると別の何かがおろそかになります。シャボン玉を吹くことに一生懸命になっているとシャボン玉液の容器を持っている左手がおろそかになるので「無くなりました~」とシャボン玉液をもらいに来ます。そんな時、私は「無くなったんじゃなくて、こぼれたんだね」と言うと「違う、無くなった」と言います。「そう?」と声をかけ補充液を入れるとまた「無くなった」とすぐに言いに来ます。私は「そんなにすぐに無くならないはずだけど?」と返してから液を補充します。次に子どもが液をこぼした瞬間に「ほら、今こぼしたの分かる?」というと『ほんとだ』と目を丸くします。子ども達は意識の届いていない所に気が付いていないだけなのです。そんな時の私たち大人の援助は,こぼしたことを注意するのではなく「こぼさないように吹いてごらん」と声をかけるだけでよいのです。

そんな中、年長組の子が顔を合わせて固まっています。何をしているんだろう?と思った時に「先生みて~みんなのシャボン玉がつながってる~」と言います。そして、もう一回もう一回と何度もそれを作ります。子ども達は遊びやお仕事の中に偶発的に出来る現象に心がときめきます。心がときめくと何度もそれを繰り返します。そして繰り返す中で何かを学んでいきます。シャボン玉遊び一つでも、沢山作りたい子、大きいのを作りたい子、とんでいるシャボン玉を壊したい子と楽しみ方の目的は子ども一人一人で違いますが、繰り返しの中での学びを大切にしたいなといつも思います。

Inked20190702_125120_LI.jpg20190702_131330 1_LI.jpg

 

2019.06.17
砂場のトンネル掘り

5月は連休明けから一気に熱くなりました。半そでの涼しい服で登園をする子も多くなる中、子ども達の公園遊びではお砂場が大人気になりました。日差しの強い日は公園遊びがさちのお友達で貸し切りのようになる日もありました。走り回るのも体力を消耗するのか今年の子は砂場に集まります。4月の頃にはどれだけ穴を深く掘ったか、二人の穴と穴をつなげるなどの遊びをしていましたが回を重ねるごとに遊びがダイナミックになっていきます。3人で穴をつなげる、4人でお山を作るなど共同作品のようになり洋服もドロドロになるほど夢中で穴掘りしています。

遊んだ後の子ども達がそのままお部屋に入るとが大変なことになるのは想像できましたので、いつもは6月から始めるシャワーを少し早めて「今日は身体も洋服もいっぱい汚れたからシャワーで奇麗にしようか」というと子ども達も「やったー」と大喜び。子どもが着替えた後は畳の上に砂がいっぱいで「ざらざらだ~」と言いながらチリトリとホウキできれいに掃除もしてくれます。

20190516_120340a.jpg

次の日も、また次の日も砂場遊び、大きい組さんが大作を作る横で小さい組さんも真似をして作ります。その日はみんなのトンネルをつなげるんだと年長6人が力を合わせてお山をぐるりと取り囲むトンネルを掘っています。時計を見ると帰る時間をさしています。みんなの気持ちが一つになっていたので何とか達成させたいなと思い、帰る時間を少し伸ばすことにしました。「お腹すいたー」の声に「帰ろうか」というと「まだー」と声をそろえます。小さい組さんも「おなかすいたー」と言うので「ほんとだね、でも、ちょっと待ってーってお兄さんが言ってるね」と協力を求めます。

 つなげるトンネルはあと一つ、何とかめどが立ったので「帰りますよー」と声をかけると「えーーーっ」とブーイングの声、「小さい組さんは片付けるけどあと10数えるまで待っててあげるからそれまでに完成させよう」と応援すると「わかった」と返事が返ってきて最後の集中です。「できた!」の声にみんなが「やったー」と飛び上がります。砂場でこんなに盛り上がったのも何年ぶりでしょうか。「先生写真撮ってーー」の声にカメラをカシャ!素敵な表情が沢山取れた公園の1日でした。

20190523_104121.jpg

 

2019.05.07

春は子どもたちの周りに自然がいっぱいです。自然との触れ合いの中で色んなことを感じ、学んでいきます。何を学ぶかは子どもたちの感性によってまちまちですが、そのきっかけとなる環境を子どもの目の前に準備します。

新年度が始まった4月の青空が気持ちの良いある日、ブルーシートの上にプランターの土を出して日光消毒していました。早速ひとりの子どもが「何してるの?」と寄ってきます。「去年の土を乾かして、日に当てて消毒してるのよ」というと、「手伝う」と返事が返ってきます。雑草をより分けたり、鉢底石を拾い集めたり、より分ける作業は子どもたちにとって大好きなお仕事の一つです。登園した年長組の子ども達が一人、また一人と増えていきます。

別の日には石灰を混ぜたり、たい肥を混ぜたりします。「何してるの?」とまた子ども達が興味を持ちます。このように、何かをする時に「今から○○の事をするよ」と場面を設定するのではなく、何気なく子どもの目に留まるような時間にそれらの事を始めるといつの間にか子どもの輪ができます。

それから1週間後に「今日は野菜の苗を植えるよ」というと「わ~い僕達の番だ」と年長組が大張り切り。ジャンケンポンで自分の植えたい苗の相談です。植えた後は水やりをします。小さい組さんも重たいはずのじょうろをよいしょと抱えて上手にお手伝いしてくれました。

今年は大型連休があったので久しぶりの登園時には「わ~~もうこんなに大きくなってる」「トマトの方が大きくなってるね~」と口々に言いあいます。毎日子ども達の「早く大きくなあれ!」の愛情たっぷりの水やりのおかげて毎年さちの野菜たちは大豊作です。今年も沢山実がなりますように!

20190417_092624.jpg20190417_150534(2).jpg

© Sachi Childhome All Right Reserved.

Page Top