ブログ

2021.02.20日々のこと
節分

まいとし節分が過ぎると日差しに暖かさが加わるように感じるのは私だけでしょうか。今年は2月2日が節分、みんな鬼のお面を作り1日早い豆まきをしました。これくらいの時期になると、卒園や進級が見えてきて子ども達の心の中もドキドキするみたいです。「くまさん(年長組)もうすぐいなくなっちゃうの?」「新しいバッチに変わるよ」など子どもの口からは期待や不安の声が自然と出ています。

今年、算数のお仕事が大好きな年長組さんは金ビーズや切手遊びと、足し算、掛け算、引き算、割り算どんどん進みます。幼児期の算数に早期教育のイメージがあると思いますが、モンテの教材は量物がメインです。頭の中で考える計算ではなく、具体物を使ってゲーム感覚で答えを見つけていきます。2月は節分、豆まきゲームでは的に点数を付けます。窓の鬼は10点、カーテンレールの上の鬼は100点、投げる球は3つ。3つの合計得点を紙に書き、それを4回投げます。4回分の得点を足し算してその日の1等賞を決めるゲームです。こうなると、子どもが狙う的はもちろん100点鬼、位の違う足し算は難しいのですが、ここでも具体物の金ビーズが子どもの思考を助けてくれます。1回目から4回目までのビーズを取って、あとは形の同じビーズを合わせるだけ、繰り上がりも簡単です。

DSC01505 (2).JPG

DSC01447 (2).JPG

DSC01429 (2).JPG

20210203_141402.jpg

モンテッソーリのお仕事は勉強ではありません。数に興味を持っている年長組の敏感期を満たしてくれるお仕事です。当初、数日で片付けようと思っていた環境ですが「今日でこのゲームは片付けるね」と伝えると、子どもたちが「まだやる」「卒園までやる」「だって、すっごくおもしろい」とブーイング、小さい組さんが「おにこわい~」と目を伏せてしまうので、ゲームをしない時はカーテンで隠して、ゲームをするときはカーテンを開けてという具合ですすめました。2月の楽しいお仕事の一つになりました。

2021.01.20日々のこと
しりとりお絵かき

降園前の帰り支度、寒くなると上着一つ増えるだけで帰り支度が難しくなります。持ってきた上着を忘れてしまうと荷物を下ろして服を着なければいけないし、上着がもこもこするとかばんや水筒がかけにくいし、持ってきた上着を着たくないときはたたんで絵本袋に入れないといけないし、上着を着る時もハンガーから外す、ハンガーを元の場所に戻す、手を入れるのはどっちの袖だったかな?、ファスナーを上げたいのにかみ合わせが上手くいかないし、ファスナーを上げている途中で咬んだり、襟が中に入って気持ち悪かったり......まだまだいっぱいありますよね。こんな時、優しいお母さんは無意識に子どものサポートをして助けてしまいます。でも、それは子どもにとって学びを奪われた瞬間です。

子どもの為にするべきことは助ける事ではなく、動き方を教える事です。「ここを持つとひっぱれるよ」「服はこっちが上で右手から入れたいならこっちの袖に入れてごらん」と声をかけ、「見ててね」とゆっくり動いて見せます。正しく見せれば子どもは1回でその動きを獲得します。難しいのは服を着る行為ではなく、どうしたら上手に着られるかという動き方を知る事、そして自分で練習できるだけのたっぷりとした時間があるかという事です。

さちでは、帰り支度に個人差があるのは承知の上、早い子には特典がつきます。上着を持ってくる子が増えたころから「しりとりお絵かき」を静かに始めます。お友達か書いた絵を見て笑い合ったり、じぶんの考えた言葉の絵を「どうやって描いたらいいかわからない~」と悩んだり、苦労する姿もかわいいです。私は子どもの描く絵はどんな線もみんなかわいいと思っていますが、子ども自身はこだわりがあるみたいで、最初は一つの紙にみんなが代わりばんこに一つづつ絵を描きしりとりをつなげていきました。

InkedDSC01144_LI000.jpg

InkedDSC01145_LI000.jpg

はじめは数人しか参加できませんが何か楽しそうなことをしているぞと子どもが気づくと自分もやりたくて急いで帰り支度を始めます。上着も肩が片方外れてヨレヨレの身なりで「僕もする」と来るので、私は「お洋服が綺麗に着られたらね」と、ひとこと言うだけです。いつもは「できなーい、やってー」という子も必死で身なりを整えます。「子どもにちゃんと着なさい」と求めなくても、自分の課題に自発的に向き合う姿勢は言葉がけ一つで作る事が出来ます。

DSC00804.JPG

DSC01148.JPG

子どもの発想力とお絵かきの線はいつもかわいいと思います。大人は絶対に描けない線です。はじめは数人で始めたしりとりお絵かきも今では一人ずつの紙があり、どんどんつなげていきます。「何の絵にしようかな?」言葉を考えるのに時間をたっぷり使いたい子、描いている絵にこだわりたい子、「長くなるまでお絵かきするぞ」「お友達よりも一番長くするんだ」「お部屋の壁を一周するまでつなげるぞ」目標は子どもによってそれぞれです。しりとりお絵かきは現在も継続中ですがかわいい作品がいっぱいです。

2021.01.05保育だより
冬のお仕事

あけましておめでとうございます。コロナ禍で自粛の年末年始でしたがその分穏やかなお正月であったと感じます。今もなお危険な現場で命を守るために奮闘してくださっている医療関係者の皆様に敬意を忘れずに、新年からも安全に保育を進めていきたいと思います。

12月電車の見える公園でいつものようにクリスマスの飾りが並び始めました。木の実を集めたり鬼ごっこしたり集団遊びも増えてくる時期です。お仕事も集中が深くなり、年少組はお兄さんのお仕事をかぶり付きでじっと見る姿が増えてきます。そこで、「やってみる?」と声をかけると首を横に振ったり、縦に振ったり性格によりますが、迷っている子には「できると思うよ」と背中を押します。まだかなと思う子の方が「やりたい」と意欲を見せるのはいつも面白いなと感じますが、「まだちょっと難しいかな、じゃあこっちから練習しようか」というと「はい」という素直な返事が返ってくるのも心が成長したなと感じる場面です。新しいお仕事に取り組む時は「難しかった」と思わないように細心の注意をはらいます。それを子どもも知ってくれているので「先生が言うならそれしてあげてもいいよ」と上から目線で答えるところもかわいい場面です。秋に用意いただいた目隠しのお仕事や手触りの良い毛糸のお仕事もみんな大好きです。

20201119_120205.jpgのサムネイル画像DSC00994.JPG

DSC00857.JPGDSC00846.JPG

大きい組さんはクリスマスのお絵かきやおり機、算数の足し算とバリエーション一杯の中で縄跳びが大ブーム、はじめ10回跳ぶのがやっとだった子も2,3週間の間に20,30,100と跳べるようになります。「いっぱい跳べるようになりたい」という気持ちに「お友達よりも多く」という競争心が重なった時の子どものパワーはすごいです!縄が引っ掛かっても「まだ」、続けて飛んでひっかかっても「まだ」、もう立てなくなるくらいまで飛び続けます。それでも次の列に並んで......モンテッソーリ教育をする幼児期は「運動の敏感期」、縄跳びも立派な大切なお仕事の一つです。終業式前は一人が100回以上跳ぶ子もいるので先生の右腕はいささか筋肉痛(笑)ではありましたが、「今日も縄跳びする」という子どもたちへの返事は「OK!」しかないと思います。

DSC01011.JPGDSC01007.JPG

DSC00995.JPG

    © Sachi Childhome All Right Reserved.

    Page Top