ブログ

2016.11.22モンテッソーリ教具
感覚教育

0~3歳までの子ども達は写真のシャッターをきる様に周りの世界を認識し、情報を雑多に記憶していきます。そして3~6歳で、今まで集めた情報を、同じを見つける、順番に並べる、種類ごとにより分けるといった、3つの知性を使った作業を通してこれらの知識を整理し概念化していく手助けをしていくものが感覚教育です。

少しの差異を見分ける力、物の特質を捉える力などが自然と身につきます。モンテッソーリ教育の代表的な教材で、触れることが最も大切な分野です。子どもは積み木やパズル感覚で楽しみますが、小学、中学になったときに、面積、体積、累乗、乗法公式などの上級算数につながる具体物が教材となっています。写真の教材は幾何タンスという図形の引き出しのお仕事です。○△□は子どもの良く知る形です。お部屋の中から同じ形を見つける、図形のカードを作るなどしてお仕事します。円形の物はすぐに絨毯の上がいっぱいになるほど探すことが出来るのですが、4角形はなかなか見つける事が出来ません。3角形になるともっと見つかりません。

そんなお仕事をした何日か後に、「先生3角形あった~~」と嬉しそうに報告しに来てくれる子どもの姿があります。一つの教材を手掛かりに、今まで気にしていなかった身の回りの物を、図形を気にしながら見るという意識が広がります。幾何立体のお仕事をした次の日は、ご家庭でも急に「立方体・円錐」さがしが始まるので保護者の方も驚いています。子どもにとっては幾何学の図形や立体も、バナナやリンゴと同じように覚えていきます。


blog_14.jpg

2016.11.22モンテッソーリ教具
言語のお仕事

小さな年齢から手を使ってお仕事する事は、自分の事が自分で出来る様になるための訓練であり、意思通りに動く手を作ること、1つの事にひたむきに向き合う心などを育てます。と同時に、それらは将来鉛筆を持って文字を書くための手の準備にもなっています。

幼稚園入園のころになると「まだお箸が上手に持てなくて」小学校へ入る前には「鉛筆の持ち方がなおらなくて」などのご相談をよく聞きます。小さな年齢の時から靴下や洋服を自分で着る事、自分で使うものは自分で運ぶなどをしている子ども達は自然と指の力も強くなり、意思通りに使える手になってくるので文字を書くことも上手です。子ども達が小さな手で何かを一生懸命にやっている時、側にいる大人はじれったくなり「かしてごらん」と子どもの努力する時間を無意識に奪ってしまいます。そうすると子ども達は手の訓練をする機会をなくしてしまうのです。生活の動きの中で手を巧みに使えなければ文字を書く手を作ることもできません。

例えば、ボタンを一つはめる事に子どもははじめ2分も3分もかかります。しかし、その頑張りを急かさず、とりあげず、見守ることが大切です。

写真のお仕事はメタルインセッツと言うお仕事です。ピンクの枠を片方の手で押さえながら図形の枠ぴったりに線を描くことは子どもにとって意外と難しいお仕事です。図形の枠を手掛かりに色々な方向に鉛筆を走らせる、鉛筆の正しい持ち方や正しい姿勢、色の塗りこみでは筆圧の訓練など、このお仕事の中には文字を書くための沢山の準備作業が隠れています。


blog_13.jpg

2016.03.10モンテッソーリ教具
算数のお仕事

モンテッソーリーでは数字を理解する時に量の存在をとても大切にします。最初のステップとして規則正しい10進法の量の違いを種類の違った教材で様々な角度で体感します。短いものは長くなる、小さいものは大きくなる、細いものは太くなるといった具合です。

リンゴ10個とどんぐり10個どっちが多い?と聞けば子どもは100%リンゴと答えます。量の違いを感じてきたモンテッソーリっ子は、「10と10でおんなじ。」と答えます。

子どもが数字を見て3と読み始めたり、お皿に並んだトマトの数を1,2,3と数え始めはじめたりしたら、お母さんは10までの数で、子どもの目の前にある具体物を一緒に指さし数えることを始めましょう。大切なのは数える事、そこにいくつの物があるのか答えを出すことではありません。

数えることが楽しくなった子は数をどんどん好きになります。そうやって算数を学ぶ準備をしていきます。

    © Sachi Childhome All Right Reserved.

    Page Top